about us

LA CRESSENTE

ラ・クレセンテの壁とは

私たちが独占輸入しているラ・クレセンテ輸入元のアメリカは、日本に先駆け何十年も前から環境の問題を国と企業が取り組んできています。 イラク戦争時の細菌兵器も感知する程の厳しい試験にパスできる安全素材だけが消費者の訴訟の多いアメリカ市場で生き残れるそうです。 そのアメリカ産の安全な材料はロッキー山脈の山々などから切り出され、それを現地工場で他の岩石や鉱石を混ぜてペースト状にし箱に詰められて日本に来ます。
私たちはその健康素材によってヨーロピアンデザインの高級内装 「ラ・クレセンテの壁」を日々創り出しています。
当社はぬり壁に関して数多くの実績を誇ります。過去の施工例として『千と千尋の神隠し』で話題の宮崎駿監督のスタジオジブリ2号館、3号館を手がけました。

ラ・クレセンテの特徴

主原料は、ライムストーン(石灰岩)をはじめミネラル豊富な素材

石灰岩は多孔質で保水性にすぐれ、調湿効果がある素材です。
成分のライムストーンは、貝殻やサンゴなどの化石が堆積してできたもので、素材の中は超多孔質構造になっていて保湿性に優れ、高い調湿効果がある素材です。
古来よりヨーロッパにおいても石造り建造物の仕上げ材として広く使われてきたライムストーンは現代においても欧州や全米の一般住宅、ホテル等でポピュラーな内装材として使われています。ライムストーンをベースに開発されたラ・クレセンテで仕上げたお部屋は「夏涼しく、冬暖かい」のが特徴です。

  • ライムストーンが主成分のミネラル素材
  • 吹付けからコテ仕上げまで様々なテクスチャーが表現できる。
  • カラーが豊富
  • ドライウォールの安心工法
  • 重ね塗りが容易
  • クロスの上から厚塗りできる
  • 調湿、脱臭の高機能自然素材

ラ・クレセンテの安全性

当社は環境問題に特に厳しいアメリカ政府(米国環境保護局EPA)の認証済み素材を独占して直輸入しております。
素材にホルムアルデヒド、キシレン、トルエン等の揮発性有機化合物、石油系ボンド類は含まれておらず「シックハウス症候群」とも無縁です。
また繊維質を含まないのでホコリ(ハウスダスト)が出ません。また素材自身が呼吸するためカビも生えにくく、喘息やアレルギーのある方にも安心して、お過ごしいただけます。
塗りこむ厚みは2mm~3mmと非常に厚く、湿度の高い季節などにはすぐれた調湿効果が得られます(調湿試験データーシートあり)。
現代の家の中は壁紙をはじめ、カーテン、床材、電気等からもプラスイオンが発生しており、人の住む環境としてはとても厳しく、アレルギーに成りやすかったり、病気などになりやすい空間になっているのが現実です。それを呼吸する塗り壁にすることにより、室内環境は大幅に変化します。
超多孔質のラ・クレセンテを施工した後、吸い込んだ水分を放出する晴れた日には太陽光線の遠赤効果も加わり、マイナスイオンにより酸化した空気をフレッシュに変える還元効果が期待できます。この空気に触れたり呼吸することで、体内の活性酸素を抑えられるなどの健康の増進役立つ環境の創出をお手伝いします。

防災に関しては耐久性や硬度が非常に高い成分が使われており、素材の耐久性、耐熱性の向上に大きな役割を果たしています。
例えば、ガスバーナーで3分間あぶった結果、少し黒くなる程度で、温度もそれほど上がらず燃えなかったテストの結果もあります。

ラ・クレセンテ 各機能テスト結果

成分表
成分
ホルムアルデヒド
ホルムアルデヒド放散
不燃材料適合
不燃材料適合認定
消臭試験
消臭試験検査
調湿効果
調湿効果試験
FDA

FDAとは、1862年から製品の規制を行っている政府機関であり、食品、化粧品、医薬品などにおいて、それらが正しく使われるように情報を提供し、適切な表示がされるよう調査、監査、指導を行い、安全性を確保することで国民の健康の責任を担っています。

DETAIL

ラ・クレセンテ ディテール

COLOR

WHITE 201
IVORY TUSK 202
BLUE SKY 212
SAND STONE 213
ROSE WOOD 215
AZTEC 236

※お客様のイメージされているカラーに調合も可能です。(濃い色はご相談ください)

※カラーはサンプルです。現物とは色味が変わる場合がございます。
無料で差し上げている塗りサンプルにて、塗の質感とカラーを見ていただくことをお勧めします。 サンプルご希望はこちらから。

TEXTURE

FLAT
NATURAL
SANTA FE

※弊社施工の場合、仕上げる前のパターン確認もできます。

PROCCESS

施工現場のSTART~FINISHまで

Step.1テーピング※テーピング時の水の分量:1箱/ℓ

step1-1

テーピングのロールをセット

step1-2

片方のフタの中に柔らかくした材料を入れる

step1-3

ボードの継ぎ目、入り隅にジョイントテープを貼る

step1-4

入り隅はアングルローラーでしごく

step1-5

ヘラでしごく

Step.22コート、3コート、ビス

step2-1

テーピングを施した上から幅を広げて2コートをかける

step2-2

必要であれば2コートの上から幅を広げ3コートをかける

Step.3コーナービード

step3-1

出隅の長さにカットしコーナービードを釘で打つ

step3-2

パテを施す

step3-3

Step.4カラー&ミックス

step4-1

材料を容器に入れる

step4-2

決められた分量のカラー材を吸い取る

step4-3

カラー材を入れる

step4-4

混ぜる

※コテ仕上げ面積 7m2~10m2/1箱

Step.5塗り込み

step5

Finish完成

step5

下地処理はもっとも重要

下地処理は仕上げをする前に手を抜いてはならないもっとも重要な工程です。
現在、いろんな国産内装材がありますが、上塗りの材料のことばかりで、下地処理には着目されていないのが事実です。
弊社ではSTEP1~3でご紹介しているドライウォール工法を標準仕様で取り入れています。内装で進んでいる北米では、ドライウォール工法で100年以上もの歴史があり、その合理的な工法で今現在も施工されています。
トライウォール工法で使用するジョイントテープで入念にパテ処理されたドライウォールは、壁の強度、気密性を高め、問題化されているクラックの発生を極力防ぎ、クロス仕上げにありがちなしわや剥がれがありません。

Point

  • 半練りタイプで混ぜやすい
  • テーピング、パテ、仕上げまで使える材料なので無駄が出ない
  • カラーの分量で濃淡が変えられる

Hint

LDKの天井壁100m2の例

施工日数:2人・4~5日間
乾燥期間:夏 1~2日、冬 2~3日

クロスの上から厚塗り可能。リフォームにも最適

ラ・クレセンテは、既存のビニールクロスの上からの厚塗り施工も可能です。 継ぎ目や浮きを下地工程で処理をしてから施工するので、塗り壁の機能をしっかり果たします。
短期施工で臭いもないので、ご自宅でも済みながらの施工も可能!一部屋からの施工もOKです。

部分補修

部分補修

汚れ、キズの上から...

部分補修

ヘラで材料を塗ります。
キッチン用のヘラのようなものでもOK

部分補修

なるべく模様に沿ってなじませます。

部分補修

乾くと周りの色となじみます。

OPTION

施工

オプション

オプションアクセサリーを使用してアール出隅加工ができます

オプション

オプション

POLICY

保証・サポート

施工ポリシー

皆様の大切な住空間であり、財産であることを常時、意識して責任感を持って施工・監理に臨んでおります。

施工監理・現場管理

現場管理の徹底により、契約書の着工日時、施工期間、竣工日時等の期日を守ります。
また、施工監理体制によりデザインイメージの実現をいたします。
例えば、ハンドテクスチャー塗り壁の場合、お客様との打合せで決めたデザインのイメージ、色彩の試作サンプルを作成、提示をして、再度確認後に施工を行うこととしています。
内装リフォームの場合、既存部分への養生を徹底して行い、支障が発生しないようこころがけております。

安全対策

施工前より、現況を基にした安全対策を行い施行中も、事故のないようこころがけております。また、万が一工事中の事故等に備えて、賠償保険に加入済みです。

保証システム

竣工後の瑕疵等については、完工時から1年間迄、無償補修等のアフターサポートを行っております。(内容によっては有償になることがあります)

サポート体制

施行中に発生する不測の事態、事前打合せとのテクスチャーカラー等の相違等施工上の疑問点等について迅速で明確な対応を致します。
現場の状況により、設計図書と完全に同一の形状にすることが不可能なこともあります。 そのような場合には、柔軟な対応を致します。
また、竣工後についても、気候条件、天然素材の特徴により経年変化、又ひび割れが発生する場合があります。その場合、当社の保証書に基づき無償補修等を行っております。

アフターメンテナンス

当社の塗り壁は他社製品に比べ、部分補修が容易。他社の塗り壁のように水をかけると塩素で白くなるようなことはございません。
施工後、万一のクラックや汚れなどの補修はすぐに対応させていただきます。施工後の小さな補修等をお客様ご自身でやりたいDIY志向のお施主様には、補修キットを差し上げております。

▲ Page Top ▲